大好きな多湖輝さんの「頭の体操」 厳選しました! 楽しいクイズ㊵

問1 仕入れと売上げ

1万円で仕入れたビジネス・スーツを1万5千円で売ったところ、
「ボタンがついていない」
と文句を言われ、迷惑料を加算し1万6千円で買い戻した。
ボタンを付け直し、調整するのに千円かかったが、ズボンとジャケットをそれぞれ9千円でばら売りすることができた。はたしてどれくらい儲かったのか、それとも損したのだろうか?

(第23集 問60)

答え

6千円儲かっている。
⇩の通り。
-10000+15000-16000-1000+18000=6000

問2 フランスに出張

ビジネスマンのサカモトさんが仕事の都合でフランスに長期出張することになった。海外出張の経験はあるが、今回は初めて行く国なので、とりあえずガイドブックを買いに書店に行ったのだが、なぜかさまざまな出版社のガイドブックのうち、フランスではなくオーストリアのものばかりを見ている。サカモトさんはこれも大切な選択基準だと言うのだが、いったいどういうわけなのだろう?もちろん、この書店にもフランスのガイドブックはあるし、とくにオーストリアのガイドブックが必要なわけでもないのだが。

(第23集 問64)

答え

サカモトさんはフランスのことは知らないが、オーストリアのことはよく知っているので、オーストリアについて書かれたガイドブックを見比べて、どの出版社のものがいいか決めていたのだ。
自分のよく知っている国について書かれたガイドブックなら、出来がどの程度であるか一目でわかる。そして出版社の水準を確認を選ぶ基準にするのである。

問3 軍の作戦会議

A国は強力な空軍と陸軍を持ち、周辺国から軍事大国として恐れられている。だが、海軍は隣のB国よりもずっと弱い。そこに目をつけたB国の将軍は、作戦会議で「海から奇襲しましょう」と提案したが誰にも賛成してもらえなかった。なぜだろう?

(第23集 問72)

答え

A国は内陸国で海岸線がなかったのだ。

問4 肝臓の手術

ある人が肝臓の手術を受けた。そのとき、医学上の資料写真を撮ることになっていたのだが、肝臓の写真ではなく別な臓器の写真ばかり撮って終わってしまった。いったいどういうことなのだろう。もちろん、勘違いしたわけではない。

(第23集 問76)

答え

健康な臓器の資料写真が必要だったのである。
健康な状態の内臓の写真を撮るためだけに、わざわざ健康な人の体を切るわけにはいかない。そこで、肝臓の手術をするときに見える別の臓器の写真を撮っていたのだ。

問5 きっちり半分

口の部分までジュースがいっぱいになっているペットボトルがある。ここからちょうど半分の量を水筒に取り出したいのだが、どうしたらよいだろう?入れ物の形はそれぞれ違うし、目盛りなど量を計る道具もない。

(第23集 問32)

答え

まず、半分くらいのジュースを水筒に移す。そして、ジュースの水面の部分に印をつけてから、口の部分を押さえてボトルをひっくり返す。このときの水面と先ほどの水面の位置が一致したところがちょうどボトルの半分の量になるので、両方の水面が一致するまで微調整すればよい。

頭の体操 
スポンサーリンク
シェアする
ギリギリで税理士受験を突破した経験をもとに、頑張るあなたを応援します!

コメント

タイトルとURLをコピーしました